適正な肌年齢っていくつ?

女性であれば、毎日の化粧などをする時に自分の肌を見ていますから、時々その状態の変化に驚かされることもあるのではないでしょうか。若い人でもくすんだりシミなどを見つけたりすることもあれば、年齢を経ていても若々しい状態の人もいますので、少しでも若い状態に保ちたいものです。

肌は年を経ていくごとに老化をしていくのは、どんな人でも起こりうることです。年齢に応じた段階があって肌年齢とも言われているのですが、あくまで機能的な目安として利用されています。見た目はそれほど若々しく綺麗なように見えなくても、年齢的には問題ないと言うこともあるのです。20代ぐらいが一番良さそうな状態に見えるのですが、見た目だけでなく保水性や皮脂の分泌量によっても変わってきますので、その都度計測をして正しい年齢を出す事で自分のスキンケアにも生かせるようになるのです。

見た目の年齢と肌そのものの年齢が適正かどうかは、測定をしてもらわないことには判断が難しいです。それに、肌は内臓の鏡とも言われているぐらいです。若くても暴飲暴食をしていたり、夜更かしなどをしていたらあっという間に老けてしまったように見えてしまいます。実年齢自体は30代、40代であっても、きちんとバランスの良い食事をし、ストレスを溜めることなく運動も程よく行っている人であれば、とても綺麗な状態を保っているものです。

女性ホルモンの関係もありますが、年齢を重ねていくと量そのものが減っていきますので、皮脂の分泌も少なくなってしまってつややハリが失われるなどしてしまって、老化が進みやすくなります。どんな年代でも、日常生活を規則正しくして健康な生活をすることで適正な肌年齢を保つことが出来るのです。

肌年齢を若く保つコツ

肌年齢を若く保つコツにはいろいろありますが、老化の大きな要因となる紫外線をカットすることは、コツの一つになります。年齢のせいだけにはできないのが皮膚の衰えであって、実は太陽からの紫外線が、かなりの確率で皮膚の老化を助長しているからです。慢性的な皮膚への紫外線による障害は、老化現象を早めることになります。年齢には勝てないといっても、紫外線には勝てるだけの努力はできます。紫外線で皮膚が老化することで、シミやシワだけではなく、たるみや老人性のイボまで引き起こすので、油断ができません。

若くお肌をキープしたいならば、紫外線を浴びない努力は必ず必要となります。日焼け止めクリームは、夏のシーズンだけ使うものと思っていたら、それは違います。紫外線は年中無休で降り注いでいますから、日焼け止めは通年にわたって塗布しましょう。真夏だけではなく、秋や冬にも、外出時には帽子をかぶるとか、サングラスや日傘は使う方が、紫外線をカットするにはいい方法です。講師や日焼けグッズは、若い見た目を保つためにも活用しましょう。

紫外線カットとともに、若い美肌を維持するコツは、体内からのインナーケアです。つまり、食材と向き合うことは欠かせません。人間の体が普段食べる食材からできているように、その栄養素によって美しいお肌は出来上がります。美しく健康な皮膚に必要になる栄養素の食材を、日頃から積極的に摂ることは、欠かせないコツの一つです。美肌のベースになるのは、ビタミンがたくさん詰まった野菜や果物です。コラーゲンを増やすためにも、イソフラボンの栄養を摂取しましょう。イソフラボンの栄養は、大豆食品に豊富に含まれていますから、豆腐や納豆などもいいでしょう。

健康管理と肌年齢

健康管理ができていなければ、肌年齢は本当の年齢よりも高くなってしまいます。
肌年齢を高くしてしまう原因は、活性酸素です。活性酸素を発生させる主な原因は紫外線ですから、まずは紫外線対策を行うのが基本です。
それに加えて、食事や運動もしっかり管理するようにします。
食生活では、抗酸化ビタミンと言われるビタミンC・E・Aなどを積極的に摂取すると良いです。食事だけで摂りきれない場合にはサプリメントを利用しても良いですが、なるべく食事で美味しさを感じながら摂取するように気をつけましょう。
運動は新陳代謝を高めるのに有効です。適度な筋肉がついていれば、新陳代謝が高くなって血液の循環が良くなります。血液のめぐりが良くなれば、美肌に必要な栄養素が体の隅々まで行きわたるようになります。
また、肌のターンオーバーを正常化させるためには、規則正しい睡眠も欠かせません。午後10時~翌日の午前2時の間に最も成長ホルモンの分泌が盛んになるので、その時間には眠れるようにしましょう。
早く寝る習慣をつければ、朝の目覚めも良くなり、朝食も健康的に食べられるようになります。逆に夜遅くまで起きていると成長ホルモンの分泌が減少するうえに、夜食を食べて消化機能が落ちてしまい、次の日の目覚めも悪くなります。
規則正しい睡眠を取ることで、食事、運動、といった健康管理も自然にうまくいくようになります。
また、美肌作りのためには保湿ケアもしっかり行いましょう。体の内側からの栄養ももちろん大切ですが、乾燥しすぎる時には外側からの保湿もしないと肌が乾燥して傷みやすくなります。
内側と外側からのケアを怠らないようにすることで、肌年齢を若く保つことができます。